アクセス解析CGI

2007年10月15日

年休取得率

厚生労働省の調査によると,昨年の企業正社員の有給休暇は平均8.3日で,取得率は46.6%であったそうだ.きわめて低い取得率だと思う.これでワークライフバランスをどう実現するというのだろうか.日本においては,労働時間の短縮がなぜほとんど進まないのだろうか.日本人はそれで幸せなのだろうか.

年休取得率 最低タイ46・6% 人員削減、仕事量増…休みづらく 厚労省調査

 昨年1年間に企業の正社員が取得した年次有給休暇(年休)は1人平均8・3日で、取得率が平成17年に並ぶ過去最低の46・6%にとどまったことが12日、厚生労働省の調査で分かった。

 厚労省は「景気回復と人員削減が絡み、1人当たりの仕事量が増え、休みづらい状況があるとみられる」と分析。自分の評価に響く不安など、取得しづらい雰囲気も背景にあるのではないかと指摘している。

 調査は今年1月、常用雇用者30人以上の全国5343社を対象に実施した。回答率は78・2%。

 調査によると、付与された年休の平均日数は前年より0・2日減り17・7日。平均取得日数は前年に比べて0・1日減の8・3日だった。

 従業員1000人以上の大企業では、取得日数は9・7日で、取得率は51・7%だったが、100人未満の企業は7・1日の43%。企業規模が小さいほど、1人当たりの従業員の労働環境が悪化していることが分かった。

 産業別では電気・ガス・水道業の15・3日が最長で、飲食店・宿泊業は4・2日で最も短かった。同省は取得日数の差について「大企業中心の『半役所的な』電気業などは比較的休みがとりやすい環境が整っており、飲食業などは営業時間の延長などが影響したのではないか」と推察している。

at 11:26 | Category : Social Research | Comments [0] | TB [0]
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。