アクセス解析CGI

2007年10月31日

埼玉県警意識調査

埼玉県警が実施した県民を対象とした意識調査によると,8割を超える県民が犯罪が増加していると感じているそうだ.実際には,犯罪件数は減っているそうである.どうしてこのように,実態と意識にギャップが見られるのだろうか.非常に興味深い.

県警意識調査:8割超県民「犯罪多くなった」 実態と意識にギャップ /埼玉  ◇警察活動、不満派30%近くも

 県内の刑法犯の認知件数が減少傾向にあるにもかかわらず、8割超の県民は「犯罪が多くなった」と感じていることが県警の意識調査で分かった。さらに8割が「今後も増加する」と答えるなど、治安に対して不安を抱いている状況が浮き彫りになった。

 01年から1年おきに調査し、今回が4回目。8月に県内在住の成人4500人に郵送で依頼、2712人から回答を得た。

 最近の犯罪発生状況について「非常に多くなった」「多くなった」は計82・2%で前回と同じ。今後の発生状況は「大幅に増加」「増加」が計82・4%を占めた。しかし、県内の06年の刑法犯認知件数は13万6651件と、05年の15万7047件に比べ約2万件減少している。石田勝彦・県警警務部長は「子供が巻き込まれる凶悪犯罪などの報道の影響もあるかもしれない」と、実態と意識のギャップを分析した。

 また、県警の活動については「満足」「おおむね満足」が計14・9%、「不満」「やや不満」が計29・7%でいずれも横ばいだった。不満足の理由の1位は「パトロールが不十分」。石田部長は「交番の不在をなくした上で巡回に行くしかないが、(人員配置に)工夫が必要」との見方を示した。【山崎征克】

毎日新聞 2007年10月29日

at 12:02 | Category : Social Research | Comments [2] | TB [0]
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

はじめまして。私は、減少などもってのほか、増加傾向にあるとしか思えない住民の一人です。
犯罪件数とは、警察が事件と判断、実務に動き、解決もしくは未解決の件数のことをいいますか?
実状は、「忙しくて動けない」から件数が「減ったように見える」だけなのではないでしょうか??
住民が感じる「犯罪」とは、警察などが動かないと想定される事件の多さを言っていると思います。
「埼玉県警はこのくらいでは動かない」と知った犯罪者が実に多いことをご存知の上、ギャップを感じていらっしゃるのでしょうか??

Posted by 松田 at 2008年12月14日 21:26

お返事遅くなり,申し訳ございません.
コメントいただき,ありがとうございました.

確かに犯罪統計にはいろいろな問題があり,
慎重に扱うべきだと思います.

以前は東京に住んでおりましたが,
そこを離れて10年以上になり,
都会の方々の感じる犯罪に対する不安感のようなものに,
鈍くなっているようです.

ご意見を参考にさせていただきます.

Posted by たなべ at 2008年12月18日 19:04
コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。